鞄工房山本

鞄工房山本のランドセルの口コミや評判を徹底検証!

鞄工房山本のランドセルは、シンプルなデザインでありながら、豊富なバリエーションがあり、とても人気があります。発売開始から数日で売り切れてしまうほどの人気のため、気になる人は早めのチェックが必要です。

人工皮革と牛革は18色、コードバンは8色とカラーバリエーションが豊富のため、きっとお子さんが気に入るランドセルが見つかるはずです。コードバンには「夢こうろ染」という古来の染め技法を取り入れたモデルもあり、他の子とは違ったランドセルが欲しいという子にも人気が高いです。

鞄工房山本のランドセルの特徴

型崩れしにくい丈夫さ

ランドセルは小学校の6年間を通して使うことになるので、丈夫さが要求されます。

鞄工房山本では、型崩れの原因となる側面が折れないように丈夫な芯材を採用しています。強靱な樹脂製の芯材のため、ゆがんだり、つぶれにくくなるため、優れた耐久性を実現しました。

机やロッカーなどにぶつかりやすい側面や角、底面にはへりをつくり、ものが直接当たらないように本体を守るような構造になっています。底面の底には、キザミという伝統技法で細かいひだをつくり、全体が丸みを帯びたフォルムになっています。

背負ったときに力がかかる肩ベルトの付け根は、太い糸で補強し、鋲で留めることでしっかり強度を確保しています。また、肩ベルト自体にも丈夫な部位が使われているため、6年間安心して使い続けることができます。

また、牛革、コードバン、人工皮革のそれぞれの素材に合わせたコーティングを施しているので、傷がつきにくくなっています。

もちろん雨に弱い革には撥水加工が施されているため、濡れたときも水滴を拭くだけでしみや痛みを抑えることができます。

革製品だと、お手入れが大変そうと感じる方も多いかもしれませんが、さまざまな加工が施されているため、特別なメンテナンスの必要なく、使い続けることができます。

手仕事の美しさがきわだつシンプルなデザイン

鞄工房山本では、6年間使っても飽きがこないシンプルなデザインを心がけています。

小さいうちは派手なデザインを好むお子さんも多いですが、だんだんと高学年になってくると子どもっぽいデザインに抵抗をもつ子が増えてきます。そのため、鞄工房山本では変わらずに美しいシンプルなデザインにしています。

ランドセルの収納スペースの開口部には、少し丸みがついており、教科書やノートが出しやすくなっています。こういったデザインは機能性を高めるだけでなく、ランドセル自体の印象を美しく、やわらかく見せる効果もあります。また、ランドセルに丸みをもたせるのは繊細な技術が求められるのですが、鞄工房山本では手間を惜しまずに、このような丸みがあるデザインにしています。

ランドセルを美しく仕上げるポイントにコバ塗りがあります。

コバとは裁断面のことで、ここに磨きと塗りを繰り返すコバ塗りを施すのは、上質な鞄の条件の1つといわれています。鞄工房山本では、創業当時からこの技法を取り入れ、裁断面の細部に至るまで、美しさにこだわっています。

選べる素材

鞄工房山本のランドセルは、牛革、コードバン(馬革)、人工皮革の3種類です。

コードバン(馬革)

コードバンは馬革の中でも特に希少な部位で、革のダイヤモンドとも呼ばれています。ランドセルの素材になるまでに、10ヶ月もの時間を要するといわれ、その美しい光沢となめらかな手触りは宝石を思わせます。

表面には撥水加工・耐傷加工を施しているため、もともとあるしなやかさと耐久性はそのままに、機能性がアップしています。

牛革

牛革は本革ならではの柔らかい質感と高い耐久性が特徴で、年月を経て、使えば使うほど味わいがでてきます。そのため、6年間使い続けることで、どんどん風合いがよくなるため、ランドセルにぴったりの素材ともいえます。

さらに鞄工房山本では、革の状態を見極め、ランドセルのどの部分に使うかを確かめてから、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

牛革にも撥水加工が施されているため、雨の日も安心です。

人工皮革

人工皮革と聞くと、安っぽいイメージをもつ人が多いかもしれません。

けれども、鞄工房山本の人工皮革は、牛革と見分けがつかないほどの風合いと強さを備えています。マットで落ち着いた仕上がりになっており、カラーバリエーションも豊富です。

表面には傷がつきにくい加工が施されているので、お手入れも簡単です。

鞄工房山本のランドセルのオススメポイント

オリジナルデザイン

鞄工房山本のランドセルは、細部までこだわってデザインされており、他のランドセルにはないようなデザイン性の高さがあります。

前ポケットのファスナースラフやランドセルのかぶせに使われるカシメは、オリジナルロゴ、コンパス、ハート、クローバーとデザインに合わせた細やかな工夫が施されています。

さらにランドセルにモチーフをあしらったシリーズもあり、ティアラや波形、リボンのステッチは、かわいいものが好きな女の子に人気です。

また、鞄工房山本のランドセルには、めずらしいデニム調牛革のランドセルがあります。天然牛革の表面にデニム調の加工を施し、都会的でありながら、カジュアルな装いになっています。

ランドセルの内装も、チェック、ロゴ、花、王冠、星とハート、ストライプ、水玉とさまざまなバリエーションがあり、ふたをあけるといつもとはまた違った表情を見せてくれます。

他にはないめずらしいデザインが多く、個性が光るランドセルが欲しいという人は要チェックですよ。

6年間しっかりサポート

鞄工房山本のランドセルは、丈夫な素材を使い、細部までこだわって作っているので、普通に使っていれば特に修理することなく、6年間使い続けることができます。

万が一、通常の使用範囲内で部品が取れたり、不具合が生じた場合は、無料で修理を受けることができます。

事故や濃い、落書き、破損、気づかぬうちについてしまった傷などは、有償での修理になります。

もし、修理に時間がかかる場合は、代替ランドセルを貸してもらえるので安心ですね。

鞄工房山本のランドセルはどこで買える?

鞄工房山本のランドセルは通販のみで買うことができます。

店舗で販売したこともあったのですが、あまりの行列で対応が困難になってしまったため、通販のみでの販売になったようです。

それほど大人気というワケですね。

販売開始時には、お店も休みとなり、ホームページも販売用ページに切り替わり、たくさんのアクセスがきても大丈夫なようにしっかり準備してくれます。

ただし、人気モデルの人気カラーは発売してすぐに売り切れてしまうので、気になるモデルがある場合は開始時間をよくチェックしておき、販売開始と同時に注文する必要があります。

すぐに注文できるように、住所などの情報はメモなどに書いておいて、コピペするのがオススメです。

鞄工房山本のランドセルはいつ買えばいい?

鞄工房山本のランドセルは、通販でしか買えないため、いつ販売開始になるかは事前の情報が大切になります。

モデルによって販売時間がずれているので、欲しいモデルが何時から販売開始になるのかよく調べておきましょう。

キャンセル待ちもある?

予約されていたランドセルがキャンセルされたり、生産していくうちに予定よりも多くのランドセルが生産された場合、先着順で販売案内をしてくれることがあります。

もし、目当てのランドセルが売り切れてしまったら、このキャンセル待ちに賭けてみるのもいいかもしれませんね。

キャンセル待ちの希望も鞄工房山本のサイト上で受付が始まるので、チェックしておきましょう。

鞄工房山本のランドセルにの口コミまとめ

周りの子が持っていないようなこだわりのランドセルを

テレビCMで見かけるような大手のランドセルは、やはり持っている子が多いので、できればそういったランドセルは避けたいなと思っていました。

そんなときに母(息子にとってはおばあちゃん)から、本革のランドセルがいいよといわれ、見つけたのが鞄工房山本のランドセルです。

本革のランドセルというと、シンプルなデザインのものが多いですが、鞄工房山本のランドセルは他にはないような変わったデザインのものもあり、これだったら周りで持っている子は少なそうと思い、購入しました。

実際にランドセルが届くと息子もとても気に入ってくれたようで、ホッとしました。

競争率があるランドセルですが、そこまでして買う価値があると思います。

多少値段がはっても良いランドセルを

6年間使い続けることを考えると、多少値段がしても良いランドセルを買ってあげたいと思っていました。そうなると、やはり大量生産のではなく、手作りのランドセルがいいなと思っていました。

手作り系のランドセルも今はたくさんあり、どれにしようか迷ってしまいましたが、結局、息子がデザインが気に入った鞄工房山本のランドセルに決めました。

牛革なのにデニム調というのが、とっても個性的でいいですね。親から見てもうらやましいくらいです(笑)

個性的なランドセルが欲しくて

最近では、男の子は黒、女の子は赤という時代ではなくて、さまざまなカラーのランドセルが出ています。街で見かける小学生も、本当にいろいろなランドセルを背負っており、自分の子供にはどんなランドセルをもたせようか楽しみにしていました。

いざ、娘が小学校に入学するとなると、いろいろなところから資料を取り寄せ、どのランドセルがいいか娘と一緒に考えました。

さんざん迷った末、内装や細かい金具までデザインが凝っている鞄工房山本のランドセルに決定しました。

ランドセルが届くと、娘もとてもはしゃいで、早く学校に行きたがっています。その姿を見て、このランドセルに決め手よかったなぁと本当に思いました。

親戚の子が使っているのを見て

姉の子供、息子にとっては従兄弟にあたるのですが、その子が使っているランドセルがとってもかっこよくて、息子も「あのランドセルが欲しい」とよくいっていました。

姉から詳しく聞いてみると、鞄工房山本のリベルタというモデルだそうで、詳しく調べてみると結構なお値段(汗)

それでも6年間使うものだしと思い、奮発して鞄工房山本のランドセルに決めました。

息子も前々から欲しがっていたランドセルなので、6年間大事に使い続けてくれるだろうと思います。

ショールームで実物を見て気に入りました

鞄工房山本のショールームに行く機会があり、そこで実物を見た娘がとっても気に入ったようで、こちらのランドセルに決めました。

「他のランドセルも見てみる?」と聞いたのですが、「これがいい!」と一目惚れしたようで、思ったよりもあっさりとランドセル選びが終わってしまいました(笑)

熟練の職人さんが手がけているということで、品質も高いですし、何よりデザインが凝っているので、使い続けたくなるランドセルですね。

弟も欲しがっているので、姉弟そろって鞄工房山本のランドセルになりそうです。

鞄工房山本のランドセルに関するまとめ

鞄工房山本のランドセルは熟練の革職人が手がける工房系ランドセルです。

使用する素材にもこだわり、牛革、ヌメ革、コードバンなどといった天然皮革を本物の革職人が高い技術を活かして、ひとつひとつ仕上げています。

丈夫さにもこだわっており、6年間使い続けても型崩れしないようにしっかりと補強がなされ、多少乱暴に扱っても壊れないようになっています。

天然皮革のランドセルは使えば使うほど、風合いがでてくるのも特徴の1つです。

とても人気があるランドセルなので、欲しいモデルがある場合は早めに販売情報をチェックしておきましょう。