萬勇鞄

萬勇鞄ランドセルの口コミや評判を徹底調査!売り切れる時期は?

萬勇鞄は工房系といわれる手縫いであることを重視したランドセルを手がけています。

最近は値段ははるものの、こだわりのある工房系ランドセルの人気が高く、予約開始後、すぐに売り切れてしまうものも多いです。

萬勇鞄のランドセルもとても人気で、すぐに売り切れてしまうことが多いので、気になる人は早めにチェックしておく必要があります。

萬勇鞄のランドセルの特徴

工房系のランドセルは高額なものが多いですが、萬勇鞄のランドセルはその中で比べると比較的安価です。

高学年になっても飽きのこないシンプルなデザインで、6年間しっかり使い続けられるように丈夫に作られています。

特徴:職人による手縫い

萬勇鞄のランドセルは丈夫さを保つために、縫い目を職人が1つ1つ手縫いで行っています。

ミシンの場合、パラパラと連鎖してほつれてしまうことがあるのですが、手縫いの場合、もし一部分が切れてしまってもほつれにくいため、丈夫さがアップします。

さらにミシンだと必要以上に力がかかってしまうことがあるのですが、萬勇鞄は職人が力加減を調整しているため、ちょうどいい強さで縫われています。

萬勇鞄は使用する素材にもこだわり、肩ベルトの肩が当たる部分にはやわらかい牛革を、ベルトの穴部分にはしっかり丈夫な人工皮革を使い分けています。

このおかげでやさしさと丈夫さの両方を兼ね備えた萬勇鞄ならではの肩ベルトになっています。

また、特に負荷がかかる大マチの部分にはミシンの縫い目にあわせて補強材が入っているため、型崩れしにくく、つぶれにくいランドセルになっています。

特徴:背負いやすさにもこだわり

萬勇鞄はランドセルの負担を小さなお子さまが感じないように、背負いやすさにもこだわっています。

ランドセルは毎日背負うものなので、背中の快適さとフィット感が重要です。

萬勇鞄のランドセルはソフト仕上げ牛革と中のウレタンにより背中をふんわり包み込み、通気性をアップさせるためにスチロールによってへこみをつくっています。スチロールはつぶれ防止の役割も果たしています。

肩ベルトには二層のクッション材で、さらに付け根を立ち上がらせているため、極力重さが感じられないようになっています。

こういった構造は工房系のランドセルではとてもめずらしく、萬勇鞄が背負いやすさにいかにこだわっているかということが分かりますね。

萬勇鞄のウイング背3カンは左右が別々に動くので、お子さまの体に合わせてちょうどいい位置に調整することができます。

特徴:使いやすさを追求

萬勇鞄は丈夫であるだけでなく、収納や安心といった使いやすさにも工夫が凝らされています。

最近の小学校ではA4サイズのプリントが多く、高学年になると使用する教材の数も増えるため、ランドセルにはある程度の収納力が必要です。

萬勇鞄のランドセルはA4フラットファイル対応になっているため、A4サイズでも楽々出し入れすることができます。

さらに前段ポケットはファスナーが横までついている両開きのため、ものの出し入れが簡単にできます。

ポケットは内装にまで生地がしっかりあり、撥水性がある丈夫な人工皮革をはりあわせています。

安全面では防犯ブザーを取り付けられるDカンを左右両方に備えていたり、光で反射する反射テープがついていたりと登下校をサポートする機能もしっかりついています。

鍵用のナスカンは前段ポケットの内側についているので、安心して鍵を取り付けることができます。

萬勇鞄のランドセルのオススメポイント

萬勇鞄のランドセルは耐久性や使いやすさ、安全性が考慮されているだけでなく、他にもオススメポイントがあります。

素材が豊富

萬勇鞄のランドセルは同じデザインであっても、素材を選ぶことができます。そのため、予算に応じた素材のランドセルを選ぶことが可能です。

萬勇鞄が取り扱っている素材は、天然皮革だとコードバンと牛革、人工皮革も通常のものとパール系人工皮革があります。

コードバンは一頭の馬のお尻からランドセルのふた、2枚分しか作ることができないとても貴重な素材です。傷つきにくく、強度が高いため、6年間安心して使うことができます。

牛革は使えば使うほど味がでるので、6年間使っていくうちにどんどん味がでてきます。手触りもぬくりもりがあるやさしい手触りで、傷つきにくく、吸湿性や通気性にも優れています。

萬勇鞄のランドセルはシボ加工が施されているため、傷がつきにくくなっています。シボ加工の立体的なシワ模様は、たとえ傷がついたとしてもそれが目立ちにくくなります。

また、どの素材も撥水加工がなされているため、雨の日の通学でも安心です。

萬勇鞄で扱っている人工皮革は、雨にも強く、汚れにも強い、軽量のタフガードです。さらにその特性を活かしつつ、高級感を出したパール系人工皮革も用意されています。

飽きのこないデザイン

萬勇鞄のランドセルは、ぱっと見はシンプルなのですが、ポイントポイントにおしゃれなモチーフが取り入れられています。

ふた裏の模様、刺繍と窓枠、びょう、チャーム、刺繍、内装生地に刺繍やステッチがあしらわれており、かわいいものが好きな女の子でもきっと満足できるはずです。

さりげない部分に個性をもたせるため、モチーフ1つでも何度も試行錯誤されており、男の子が喜びそうな格好良いデザインも多いです。

また、萬勇鞄では、ランドセルの小マチ部分に名前を刻印してくれるサービスがあります。自分の名前が刻印されたネームプレートがつくので、世界で1つだけのオリジナルランドセルになります。

刻印できる文字数はスペースを含めて16文字以内です。アルファベットのみの刻印ですが、明朝体と筆記体から書体を選ぶことが可能です。

刻印は無料なので、ぜひ名前を入れてもらいたいですね。
(刻印を入れないことも可能です)

萬勇鞄のランドセルはどこで買える?

萬勇鞄のランドセルが購入できるのは、主に3つです。

一般のデパートやスーパーの店頭では販売されていないので注意しましょう。

公式サイト

萬勇鞄のランドセルは公式サイトからの通販で購入できます。

ただし、人気のランドセルのため、受け付け開始からすぐに売り切れてしまうものも多いです。確実にお目当てのランドセルを手に入れるためには、事前にスケジュールを確認しておく必要があります。

ショールーム

萬勇鞄のショールームは愛知県にあります。

ここにくればランドセルの現物を見ることができます。実際の背負ってみた感じや手触りを確認するためにも、1度は実物にさわっておきたいですね。

提携店舗

萬勇鞄の提携店舗は、福井県、富山県、石川県、長野県、広島県にあります。

中部~北陸が中心のため、関東から足を運ぶのにはちょっと遠いですね。

近くで見ることができれば見ておきたいですが、注文自体はインターネット通販でも可能です。

展示会

2019年の萬勇鞄の展示会は、東京、大阪、埼玉、福岡、横浜の5カ所で行われる予定です。ただし、展示会は予約制のため、予約がないと入ることができません。

萬勇鞄のランドセルはいつ買えばいい?

萬勇鞄のランドセルは5月の中頃から始まります。

たとえば、2018年は5月12日に男の子用の取り扱いが始まり、5月13日に女の子用の取り扱いが始まりました。

販売開始時にサイトが混雑するのを想定して、発売日をずらしているようです。

いつから販売開始になるかは発売の1ヶ月ほど前に告知があるので、その辺りにしっかり発売日をチェックしておきましょう。

萬勇鞄のランドセルは人気が高く7月に入ると完売してしまうこともめずらしくありません。欲しいモデルが決まっている場合は、早めに予約しておくのがお勧めです。

萬勇鞄のランドセルの口コミまとめ

質にこだわった結果このランドセルに

長女のランドセルということで、できるだけ質が高いものをとこだわりました。そのため、人工皮革ではなく、本革のランドセルがいいなと考えていました。

娘はどちらかというとシンプルなものより、かわいらしいものが好きなので、気に入ってくれるか少し不安はありましたが、かわいらしい刺繍が気に入ったようでホッとしました。

実際に使い始めると、かなりお気に入りのようで雨の日などは帰ってきてすぐにお手入れしています。傷もつきにくく、使っていて何の問題もないので、次女も萬勇鞄のランドセルにしようかと考えています。

造りもしっかりしていて満足

初孫のプレゼントして萬勇鞄のランドセルを選びました。周りの子はテレビCMでお馴染みのランドセルを選んでいるようなので、それに合わせた方がいいのではと息子からも言われましたが、やはり手作りのものを使って欲しいと思いました。

細かいところにもしっかりデザインが施されており、一見シンプルながら、とても洒落た造りになっていると思います。容量も十分で6年間使い続けてもらえるだろうと思います。

人工皮革のイメージが変わった

人工皮革のランドセルというと、どこか安っぽいイメージがあったのですが、萬勇鞄のパールカラーはそんなことがなく、高級感さえ漂っていました。

「人工皮革=壊れやすい」というイメージがありましたが、良い意味でそれを裏切られた気がします。

人工皮革でありながらしっかりした造りで、なおかつ職人の手作りの割には価格が手ごろなので、とても満足がいく買い物ができました。娘もパールアクアブルーのランドセルがとても気に入ったようです。

みんなの意見が一致

うちは各々の好みが違い、なかなか合わせるのに苦労しました。

娘は水色のランドセルが欲しいと言って、旦那はあまり派手な装飾はいらない、祖父母は本革がいいと、それぞれ希望が違い、すりあわせが大変でした。

いろいろなランドセルを検討してみた結果、選んだのは萬勇鞄の牛革で水色のランドセルです。萬勇鞄のランドセルは元がシンプルなデザインなので、旦那も満足したようです。

娘も欲しかった水色のランドセルが買えて大喜びでした。

展示会で一目惚れ

ランドセル選びのため、息子と一緒に展示会に行きました。

手作りと聞いていたので、シンプルなものしかないのかなと思っていたのですが、実際に会場にいってみるとデザインもいろいろあり、カラーもバリエーション豊富でした。

息子はブラックにゴールドのフチが入ったランドセルを気に入ったようで、リリークレストのブラック×ゴールドに決めました。全面がゴールドだとさすがに抵抗がありますが、フチだけだとシックでかっこいいなと私も思いました。

その場でそのランドセルに決定したため、息子も届くのを楽しみにしています。

萬勇鞄のランドセルに関するまとめ

萬勇鞄は手縫いにこだわった工房系のランドセルです。

最近では大量生産が主流ですが、そんな中でも手縫いにこだわっているため、当然品質は高いです。使いやすさにも工夫が凝らされ、非常に人気があるランドセルです。

工房系のランドセルは早くに完売してしまうことが多いですが、萬勇鞄はその代表とも言える存在です。

人気が高く、購入までのハードルも高いですが、その分、手に入れたときの喜びも大きいだろうと思います。

「やっぱり品質重視!」という人にオススメのランドセルです。

人気ランドセルカタログ2020