池田屋

池田屋ランドセルの口コミや評判、背負いやすさを徹底調査!

池田屋は創業1950年という老舗ブランドです。

「厳選したよいものを」
「お客様の立場に立ったものづくり」
という2つのこだわりを鞄に込めており、ランドセルの細部にまで工夫が凝らされています。

非常に質が高く、工房系ランドセルの中でも特に人気を集めているブランドです。

池田屋ランドセルの特徴

子供に負けない耐久性

池田屋ランドセルでは、修理に持ち込まれるランドセルから、壊れやすい部分を研究し、職人の熟練した技術によって大量生産ではなしえない強さを実現しています。

男の子だと、ランドセルを投げたり、つぶしたりと手荒に扱うことはめずらしくありません。そのため、そういったことを踏まえてどこを強化すればいいのかが考えられています。

壊れやすい大マチ部分の強度をあげるためにハイポール樹脂製の一枚板で本体の内側を覆っているため、圧力を受けてもつぶれない強度を誇っています。強固な樹脂板を縫い込む作業は、手間がかかる作業ですが、妥協せずに独自のフレーム一体構造を完成させました。

また、大マチの強度アップのため、変形防止版を開発し、ランドセルにかかる負荷を多方向に分散し、きれいな形を保ちます。

池田屋ランドセルは、人工皮革のランドセルであっても、強度に優れた牛革ベルトを使用しています。肩ベルトは壊れやすい部分でもあるため、引き裂きの力に強い牛革でベルトの表側を補強し、裏側には防水力が高い人工皮革を使用し、汗で痛まないようになっています。

こうした工夫がなされているため、池田屋のランドセルはとても強度が高く、6年間安心して使えるようになっています。

飽きのこないシンプルなデザイン

池田屋ランドセルはシンプルなデザインにこだわっています。シンプルなデザインだからこそ飽きのこない魅力があり、アレンジを楽しめる自由があると考えているためです。

子供は成長に合わせて好みや興味が変化していくものです。特に小学1年生と6年生だと考え方もずいぶん変わってしまいます。そのため、小さいころは好きだったデザインでも、成長するとちょっと恥ずかしいと感じてしまうこともあるでしょう。

池田屋ランドセルは流行に左右されないシンプルなデザインにすることで、6年間愛着をもって使ってもらえるようになっています。

女の子のランドセルには刺繍が入っているものが多いですが、池田屋ランドセルには刺繍や飾りは入っていません。その理由は、刺繍や飾りを入れることで防水機能や耐久性が落ちてしまうからです。

ミシンの針穴から水が染みこんだり、折れたりすることがあるため、不要なミシン目は入れないようになっています。

もっとかわいらしい、かっこいいデザインが好きなお子さんのためには刺繍シールや反射シールが用意されています。こういったシールならばお子さんごとに自由がアレンジできますし、飽きたらキレイにはがせるため、ランドセルを傷めてしまう心配もありません。

徹底的に検証した背負いやすさ

子供達は同じ年齢であっても、人それぞれで体型が違います。そのため、ただランドセル本体を軽くするのではなく、どうすれば子供への負担が減らせるのかということを池田屋ランドセルは徹底的に検証しています。

その1つが牛革のベルトです。

肩ベルトにはフィット感と強度に優れた牛革を採用しています。人工皮革モデルのランドセルにも牛革ベルトを使っているため、どのランドセルも優しい背負い心地を実現しています。

2つ目が池田屋背カンするぴたです。

背負いやすさを左右する大きなポイントは、肩ベルトのフィット感です。そのフィット感を向上させるため、池田屋ランドセルでは上下左右が自在に動く、池田屋背カンするぴたを採用しています。これにより、肩にベルトが食い込むことなく、どんな体型の子供にもぴったりフィットするようになっています。

3つ目がギボシベルトです。

ランドセルを背負っていると、バックベルトが脇腹やひじにあたり、痛い思いをすることがあります。そういった痛みを無くすために池田屋ランドセルでは、出っ張りのないすっきり設計のギボシベルトを開発しました。これにより、バックベルトで痛い思いをすることもなくなりました。

池田屋ランドセルのオススメポイント

池田屋ランドセルは、ランドセルの品質が高いだけでなく、アフターサービスも充実しています。壊れて使用できなくなった場合は無料で修理してもらえるので、わんぱくなお子さんでも安心ですよ。

6年間修理保証が無料

いくら丈夫に作られたランドセルといっても、6年間使ううちに傷つけたり、壊してしまうこともあります。特に男子だと、乱暴に扱ってしまう子も多いですよね。

多くのランドセルには保証がついているのですが、実はそれぞれ対象になる条件が違っています。故意に傷つけた場合は対象外になってしまう場合も少なくありません。

修理の程度によって、結構な金額がかかってしまうこともあります。

池田屋ランドセルの「6年間完全無料修理の子ども思い保証」は、乱暴に扱って壊したような場合でも無料で修理を受けることができます。また、修理に期間がかかる場合は、無料の貸出ランドセルもあるため、その間も問題なく学校に通うことができます。

もし修理が不能な場合は、新しいランドセルに交換してもらうことが可能です。

保証をつけているランドセルは数多くありますが、ここまでをすべて無料で行ってくれるのは池田屋ランドセルくらいかもしれませんね。

ただし、池田屋ランドセルの保証は使う上で問題ないような汚れ、しわ、傷、いたずら書きといったものは、無料修理対象外になってしまいます。

また、地震、洪水といった自然災害や火災などによる焼失、盗難なども対象外になります。

どういった場合でもきれいに直してもらえるわけではないので注意しましょう。

危険を未然に防ぐ安全性の高さ

ランドセルは勉強道具を運ぶだけではなく、お子さんの身を守ってくれるものでもあります。

しかし、実際はランドセルによって怪我をしてしまったり、危険な目に遭ってしまうことも起こっています。

たとえば、給食袋などをぶら下げるフックが引っかかってしまい転んでしまったという経験がある子も多いはずです。

池田屋ランドセルのフックは、一定の負荷がかかると本体から外れる仕組みになっています。これにより、万が一、遊具や自転車などに引っかかった場合もフックが外れるので安心です。

また、ランドセルをかけるためのフックは金属製のものが一般的ですが、池田屋ランドセルではナイロンループを採用しています。金属製のフックだと転倒したときに、頭や首を怪我してしまう場合があります。そんなとき、やわらかいナイロンループなら怪我することもありません。

とにかく安全性を重視しているため、池田屋ランドセルではとがった金属の使用をゼロにしているのも、うれしいポイントです。

池田屋ランドセルはどこで買える?

池田屋ランドセルが買えるところは大きく分けて3つです。デパートや量販店などでは販売していないので注意しましょう。

池田屋の実店舗

池田屋の店舗は全国で6店舗あります。(2018年現在)

東京の銀座に1店舗、大阪の梅田に1店舗、福岡の博多に1店舗、あとは静岡に3店舗です。

もともとが静岡の老舗鞄店ということで、静岡にお店が多いですね。

お店は東京、大阪、福岡と大都市にあるので、地方の人だとちょっと行きづらいです。

近くにお店がある場合は、まず実物を見てみるのがお勧めです。

展示会

池田屋ランドセルでは、全国で展示会を行っています。

展示会は北海道、東北、関東、中部、中国、四国、近畿、九州の各地で開催されるため、お店には足を運びづらい人にとって、実物を見るいい機会になります。

実際にランドセルに触れてみて、その場で注文することが可能です。

インターネット通販

池田屋ランドセルの公式サイトから通販で購入が可能です。

公式サイトだと、どのランドセルの在庫が残っているのかも確認できるので、安心して好きなランドセルを購入できます。カラーバリエーションもすべて写真で確認できます。

ただ、写真と実物では「イメージと違う」ということも起こりえるので、できれば店舗や展示会で実物を確認しておくのがお勧めです。

池田屋ランドセルはいつ買えばいい?

池田屋ランドセルは他の工房系ランドセルに比べると、完売までの期間が長いです。夏季に完売する工房系ランドセルは多いですが、池田屋ランドセルは生産体制が整っているおかげで、そういったこともほとんどありません。

ただ、途中から受注生産に切り替わってしまうモデルもあるので、欲しいものがある場合は早めに注文しておくといいでしょう。受注生産の場合、商品が届くのが遅くなってしまうことがあります。

目安としては8月頃までに注文しておくのがお勧めです。

池田屋ランドセルに関する口コミまとめ

6年間安心して使えるものを選びました

小学生の時に使っていたランドセルの留め具が壊れてしまって苦労したことがあり、子供には丈夫なランドセルを買ってあげようと思っていました。

そのため、工房系のランドセルをいろいろ探していたのですが、もっとも好感がもてた池田屋ランドセルを選びました。他のランドセルと比べて、体に優しい設計になっているのが決め手でしたね。

6年間の無料保証がついているのというのもうれしいポイントです。

シンプルなものを求めて

最近のランドセルはカラフルなものや、刺繍がたくさん入ったものが多いですよね。ああいったものは最初の方こそいいものの、高学年になったら飽きてしまうんじゃないかと、ちょっと心配でした。

池田屋のランドセルはそういった飾り付けがなく、シンプルなデザインなので、大人の私が見ても「素敵」と思えるものが多かったです。派手なものが好きな子には飾り付け用のシールが用意されているので、これなら娘も納得しそうと思いました。

実際にランドセルが届くと、娘もすっかりデザインが気に入ったようで、今のところシールも貼らずに喜んで使っています。

祖母の希望で

わたしの母、息子にとってはおばあちゃんですが、母は絶対本革のランドセルがいいと何度も言っていました。わたしとしては、もっとリーズナブルなランドセルの方がいいなと思っていたのですが、あまりにも何度も言われるので、母と息子と3人で池田屋の展示会に行きました。

実物を見てみると、確かに「スゴイ!」というのが伝わってきました。デパートなどで売っているものと比べると、とても洗練されているなとびっくりしました。

詳しい説明を聞いてみると、6年間の無料保証もつくということなので、下手なランドセルを買って修理するくらいならば、こっちの方がいいのではと考えも変わってきました。

結局、わたしよりもさらに気に入っていた母が購入してくれたので助かりました。

容量も多く、型崩れしない

購入当時は「もっと派手なのがよかった」とぐずっていた娘ですが、5年生になった今、自分のランドセルが他の子と比べてキレイなままなことを喜んでいます。

5年間使い続けると、さすがに型崩れしている子も多いんですよね。娘が大事に使っているのもあると思いますが、池田屋ランドセルはずっときれいなままで、型崩れするようなこともありません。

他の子からもうらやましがられているようで、いつもうれしそうにしています。

6年間キレイなまま

現在、息子は6年生ですが、ランドセルはキレイなままです。

さすがに新品同様とまではいきませんが、目立った傷もなく、型崩れもしていません。そこまで大事に扱っているわけでもなかったので、池田屋のランドセルが丈夫だという証でしょうね。

教科書などもしっかり入りますし、A4サイズでも何の問題もなかったです。さすが老舗のランドセルは違いますね。

池田屋ランドセルに関するまとめ

カラフルなランドセルやかわいらしい刺繍が入ったランドセルが多い中、池田屋ランドセルでは6年間飽きがこないようにシンプルなデザインにこだわっています。

老舗のため、ランドセルとしての機能はとても優れており、丈夫なだけでなく、安全面にも最大限配慮されています。

ランドセルが壊れた場合、原因によっては有償での修理になる場合が多いですが、池田屋ランドセルは無料で修理をしてくれるのもうれしいポイントですね。

「とにかく品質重視!」という人にオススメのランドセルです。