ランドセルの基礎知識

使用済みランドセルをリメイク!財布やミニランドセルにしてくれる工房一覧

黒川鞄 リメイクランドセル
編集部からのコメント

ランドセル人気ランキング2019男の子女の子のスクールデイズ
6年間使ったランドセルは色々な思い出が詰まっていたり、傷があるけどなんだか処分するのはなぁ。と考える方も多いことでしょう。
耐久性の高い近年のランドセルは傷があっても素材自体はまだ使えることが多く、近年流行っているランドセルリメイクというものがあり、形を変えて使い続けることができます。
そんなリメイクについて紹介していきます。

ランドセルのリメイクとは?どんなものにリメイクされるの?

6年間使ったランドセルを革素材として、様々な革小物にリメイクすることができます。
例えば

  • ミニランドセル
  • バッグ
  • スマホケース
  • 小銭入れ
  • 財布
  • ペンケース
  • ブックカバー
  • キーホルダー
  • ペンケース
  • 名刺、定期入れ

などの様々な物にリメイクする事ができ、大人になってからも使うことが出来るものがたくさんあります。

かぶせ以外のパーツを使用したり、革素材をプラスしたりすることにより複数のリメイクも可能です。
ランドセルをリメイクしてくれる会社は色々あり、それぞれ作れるものも変わります。

ランドセルのリメイクを注文できるブランド一覧

黒川鞄工房のリメイクランドセルが人気

黒川鞄 リメイクランドセル

黒川鞄 リメイクランドセル
黒川鞄工房で制作されたランドセルのみの対応にはなりますが、ミニランドセルとペンケースのどちらかにリメイクすることが可能です。
記念品としてそのまま残しておくのも良いし、新たに使用するのもいいかもしれません。

工房ランドセルの中でも職人の技術が高く、革の品質が格段に上質なことで知られる黒川鞄のランドセルですが、その上質な革を使用して6年後にペンケースにリメイクして使用するというニーズも増えています。

最近では、6年後にリメイクしたい!と言うのも、黒川鞄のランドセルの購入の決め手になるケースもあるようです!

ランドセル人気ランキング2020男の子女の子のスクールデイズ
黒川鞄ランドセルに興味のある方は、
黒川鞄ランドセルの口コミも参考にしてみて下さい。

【黒川鞄公式サイトはこちら】
https://www.kurokawa-kaban.com/

カバンのフジタのリメイクランドセル

黒川鞄と同じく、工房系ランドセルとして人気のカバンのフジタさんでもリメイクランドセルを行っています。
カバンのフジタのランドセルの特徴として、カブセ部分や肩ベルトには本革を使用し、大マチには人工皮革を使用する事で本革なのに軽いランドセルを実現しているのが特徴です。
リメイクランドセルでは、ミニランドセルのみの対応とはなる様ですが、カブセ部分の本革を使用したミニランドセルを思い出の品として部屋のインテリアとして飾るのも良いものですよね。

ランドセル人気ランキング2020男の子女の子のスクールデイズ
カバンのフジタのランドセルに興味のある方は、
カバンのフジタランドセルの口コミも参考にしてみて下さい。

【カバンのフジタ公式サイトはこちら】
https://www.fujita-randoselu.jp/

カナーズ・ジャパンのリメイクランドセル

ガナーズジャパンは1つのランドセルから様々な小物を作れることが特徴で、トートバッグや、ショルダーバッグなどのランドセルとは思えない加工も行っています。リメイク可能な種類も豊富で、ランドセルをそのままアルバムにしたそのまんまランドセルアルバムなども取り扱っています。

SNAKER革製品専門店のリメイクランドセル

ランドセルのかぶせの部分と前ポケットがある部分を使用してお財布や手帳、名刺入れなど様々な物にリメイクしてくれます。ランドセルの前ポケットの部分を使った写真立てや、オプションで名前入れも行っているので世界に一つだけの小物制作が可能です。

Leather studio Third (サード)のリメイクランドセル

福山レザーを使用したリメイクや、小物にリメイクしてくれます。ランドセルの革をふんだんに使ったリメイクや、ランドセルについていたネームプレートをそのまま使用してくれたりと大人っぽい仕上がりにしてくれます。

ランドセルをリメイクするときの注意点

革の状態によってはリメイクできない場合もある

ランドセルのリメイクでは、革の劣化状態が激しく、ひび割れがあったり、破れがあったりする場合などはリメイクが出来ない可能性があります。
さらに、汚れが酷いものや、落書きがひどい場合も受付できない場合があるので、1度確認してみましょう。

リメイクは時間がかかるケースが多い

リメイクを行っているランドセルブランドは工房系のブランドが多く、手作りの作業になります。その為、本業のランドセル制作が忙しい時期にはリメイクの作業が滞る事が多く、注文してからリメイク品が完成するまでに時間がかかるケースがあります。

特に近年は、使用済ランドセルのリメイクの注文が殺到しており、注文から納品まで少し長めの設定になっているようです。

注文してから時間がかかるのは少し待ち遠しいかもしれませんが、その点を理解の上、6年間使用した思い出の詰まったランドセルで作ったリメイク小物の完成を待ちましょう。

まとめ

リメイクランドセル

6年間使って愛着も思い出も沢山詰まったランドセルをどうしようかな?と悩んでいる方はぜひリメイクしてみてください。
革は長い時間使えるもので使う事に味が増します。大人になってからも長く使うことが出来るリメイク品が沢山あります。
ランドセルの処分に困ったらぜひリメイクを検討してみてください。

人気ランドセルカタログ2020